Winning Technologies

INGRAMATIC社には、ねじやボルト用転造盤の製造において長年にわたる経験ノウハウがあります。 当社は1966年の設立以来、3000台以上のねじ転造盤を製造し、世界中に販売してきました。そして、イタリアのみならず世界のマーケットリーダーに成長しました。

2006年、カステルヌオーヴォ・スクリーヴィア市に総面積20,000 m2の新工場が完成しました。これは、ロジスティック、組織、効率の面で新たな目標達成に向けた転機となりました。

2004年にSACMAグループの一員となったINGRAMATIC社は、技術面、生産面、営業面で優れた業務提携を行えるようになりました。
当社の製品は、SACMA社の製品レンジを補完するものであり、高張力ボルトや特殊ファスナ用ねじ転造盤の順送りヘッダーと合わせて使用できます。

部品はすべて、SACMA社のリンビアーテ工場とヴィメルカーテ(SACMAグループ傘下のOBM社本拠地)工場で設計・製造されています。カステルヌオーヴォ・スクリーヴィア工場には、組立部門、検査部門、倉庫、技術部門があります。

当社の小ねじ用、自動車産業用、建築用のねじ転造盤は、他の追随を許さない信頼性、生産性、安全性、革新的技術を提供します。

INGRAMATIC社はそのノウハウを生かして、座金組付け装置、ポインタを装備する標準タイプの装置を開発しました。ご要望に応じて、特殊仕様にも対応いたします。INGRAMATIC社は機械を製造するだけでなく、生産システム一式をご用意できます。 ブランクおよび座金の自動フィーダ、不良部品排出装置を備えた応力制御装置、座金組付け装置、ポインタはモジュール構造となっているため、簡単にINGRAMATIC社のねじ転造盤に組み込むことが可能です。

Ingramatic, Winning Technologies, 超高精度

超高精度

高い生産効率で機械を製造する場合、超高精度な機械加工が必要不可欠です。 この目標を達成するには、ねじ転造盤など高い応力がかかる機械に組み込まれる機械部品の品質は妥協することはできません。

INGRAMATIC社は、業界で用いられる最も革新的な技術を駆使して、あらゆる機械加工をSACMAグループ工場内で行うことを決断しました。これにより、当社製品すべての総合的品質管理が可能にしました。

すべてのワークピースに対して、体系的かつ厳格な最終検査を実施してから保管することで、最適な適合性と互換性を保証します。

高強力素材の選択、最新式の熱処理、極めて高精度の平面研削、ラップ仕上げにより、INGRAMATIC社のねじ転造盤には迅速性と信頼性が得られるとともにランニングコストを抑えることができます。

Ingramatic, Winning Technologies, 超高精度
Ingramatic, Winning Technologies, ベース

ベース

ベースは、精度と信頼性に影響を及ぼすため、工作機 械、特にねじ転造盤の性能にとって重要です。 長年にわたる経験、非常に高機能なシミュレーション システムを使用した研究、実験的変形解析がこのコン ポーネントには不可欠です。

INGRAMATIC社のベースは、エレクトロ溶接鋼板製で、工作機械での加工 前に熱応力が除去されています。 RP32以下のマシンでは、ベースはパー ライトダクタイル鋳鉄製の一体鋳造物で、高速生産により発生する振動を 最適に制振できます。 ベースは、これをサポートし、クーラントの回収タンクとして機能するプ ラットフォームに固定されています。 構造上の観点からは、これは非常 に堅牢なシステムであり、作業環境に撒き散らすリスクのない最適な加工 液の管理が可能です。 FEMソフトウェアで最適化された新しいデザインは、熱処理されたワーク ピースや特殊なプロファイルの回転により発生する応力に対抗するために 役立ちます。

Ingramatic, Winning Technologies, ベース
Ingramatic, Winning Technologies, モジュラーシステム

モジュラーシステム

マシンのデザインと構造にモジュール方式コンセプト を採用することで、ユーザーには多大な利点がもたら されます。

まず第一に、お客様のニーズや要望に応じたシステム のカスタマイズが容易になります。

既存システムの 改造も、よりシンプルに行えます。 この分野では非常にユニークなINGRAMATIC社は、SACMAと共同でモジ ュラーシステムコンセプトを用いて機械を製造しています。すべての INGRAMATIC製品の機械部品は、常に倉庫に在庫されています。

ねじ転造盤は、以下の付属品を組み込める設計となっています

  • シングル座金組付け装置
  • ダブル座金組付け装置
  • ポインタ
  • フィーダ(スタッドボルトや特殊なヘッドレススクリュー用)
  • ローレット切り装置(スクリューシャンクやヘッダー用の特殊な機械加 工)
Ingramatic, Winning Technologies, モジュラーシステム
Ingramatic, Winning Technologies, 振動式フィーダ

振動式フィーダ

ブランクのフィーダは、ねじ転造盤にとって非常に重 要な部分であり、ほかの機械部分と完全に一体化して いなければなりません。 システムの効率は、何よりもフィーダの機能性に左右 されます。

フィーダは、直接配置するワークピースの 流れを一定に保つ必要があります。

INGRAMATIC製品は、各種の供給タイプに対応できるように設計されてい ます。

通常ねじの生産に使用される、3シリーズまでの小型ねじ転造盤には、振 動式フィーダが装備されます。 特殊な部品の場合には、デジタルビジョ ンシステムを装備したバイブレータが必要になります。これにより、最大 限のフレキシビリティで様々な複合選択が可能です。

中型のねじ転造盤の場合は、振動式フィーダと垂直式フィーダのいずれか を選択できます。

INGRAMATIC社の技術部門では、お客様にとって最適な製品ソリューショ ンを決定するために、最初の設計段階で予備調査を行います。

Ingramatic, Winning Technologies, 振動式フィーダ
Ingramatic, Winning Technologies, 垂直式フィーダ

垂直式フィーダ

生産効率をより向上させるためには、加工するワーク ピースのタイプに応じて特別に設計されたアッセンブ ルユニットをねじ転造盤に組み込む必要があります。

垂直式フィーダは、強力ねじやボルト、非常に長い特 殊部品、またはローディング高さのある大型ねじ転造 盤に最適です。

INGRAMATIC社の垂直式フィーダには、以下が含まれます。

  • 制御機能付き振動式ローディングホッパー:容器が過負荷にならないよ う、常に正確な数量のワークピースを垂直リフト装置に供給します。
  • 垂直リフト装置(羽付き):有効幅1200 mm、速度制御付き。
  • 回転式ローラーユニット(リニア振動式):供給ガイドにワークピース を供給する前のワークピースの選択と位置決め用。

ねじ転造盤ガイドにはモータ駆動式の高さ調整装置と角度調整用のジョイ ントがあるため、このシステムでは正確なアライメントが実現します。

Ingramatic, Winning Technologies, 垂直式フィーダ
Ingramatic, Winning Technologies, モータ駆動式ガイド

モータ駆動式ガイド

供給ガイドは、フィーダからブランクを受け取り、正 確に向きや位置を合わせて、これをフィードユニッ ト、そしてツールに送ります。

このコンポーネントタイプは、調整がしやすく、摩耗 や損傷に対する耐性と安定性があることが必要です。
INGRAMATIC社のガイドは、優れた耐久性を保証するために、供給エリア では特殊硬化鋼製 となっています。

ガイドは互いに上部で接続されており、その幅広い高さ調整レンジによ り、非常に長いワークピースも簡単に装填できます。
ガイドの高さ調整はモータ駆動式で、加工対象ワークピースに対する高さ 記憶機能を備えています。
モータ駆動により、振動式フィーダ付きのガイドを自動整列することも可 能です。 大型マシンでは、モータ駆動式ガイドの開閉を、プリセットを 使用して調整することも可能です。

Ingramatic, Winning Technologies, モータ駆動式ガイド
Ingramatic, Winning Technologies, インサート付き特殊ガイド

インサート付き特殊ガイド

供給ガイドは、特に熱処理されたワークピースや、良 好なワークピース供給を保証するために接触面を少な くしたガイド形状を使用した場合に、摩耗が課題とな ります。

こうしたアプリケーションタイプに対応するために は、ガイドを特殊鋼製にして、メンテナンス作業が簡 単な設計にする必要があります。

この問題に対処するため、INGRAMATIC社では、供給に起因する摩耗に対 する耐性を向上させるのに必要な硬度レベルまで硬化した、超高速スチー ルインサート(M2)付きの特殊ガイドを製造しています。

このソリューションは、特に高張力ボルトやねじ、コニカルアンダーヘッ ド付きホイールボルトなどの特殊部品に最適です。
ガイドを交換せずに、摩耗したインサートを迅速かつ簡単に新品と取り換 えられる点が、このソリューションのもう1つの利点です。

Ingramatic, Winning Technologies, インサート付き特殊ガイド
Ingramatic, Winning Technologies, シングル装填装置

シングル装填装置

ねじ転造を行うワークピースを装填する装置は、機械 の優れた効率と生産性の達成を望む場合に、非常に重 要になります。

ユーザーにとって大事な要件となるのは、この装置を 簡単に調整できることであり、その際これをスライド の動きと完璧に連動させなければなりません。

サイズ4までのINGRAMATIC製品には、シングル装填システムが使用され ています。これは、軽量で比較的短いワークピース向けの非常にシンプル かつ効率的な装置です。 メインスピンドルによって駆動されるメカニズ ムがプッシャースライドを動かします。
システムには空圧ピストンが装備されており、ワークピースの装填が正し くない場合に損傷を防止するため、運転時にプッシャーを逆方向へ動かす ことが可能です。
ストッププレートが、ガイドから下降してきたブランクを分けます。これ により、プッシャーでブランクをダイスの間に挿入する前に、確実にブラ ンクを正しい位置に合わせることができ、同時に2つのブランクが装填さ れることを防止します。

Ingramatic, Winning Technologies, シングル装填装置
Ingramatic, Winning Technologies, ダブル装填装置

ダブル装填装置

大型のワークピース向けの装填システムには、高速で も一貫性のある製品品質を保証するために特殊な手法 が必要とされます。

幅広い品目のねじ転造を行うには、多用途で効率的な 装填システムが必要です。
INGRAMATIC社では、独特なダブル装填装置を開発しました。これは、3 つの個別の段階(分離、運搬、装填)においてワークピースをガイドから ダイスへ運びます。

各段階には特別な部品が必要です。

  • セパレータは、1回装填するごとに必ずワークピースを1つだけ通過させ ることができます。
  • コンベヤは、ワークピースを加工エリアに移動させ、可動ダイスと反対 の位置に置きます。
  • 装填パンチは、スライドの前に数秒間作動し、ワークピースをダイスに 対して正確な角度に置きます。

ダブル装填装置は、サイズ5以上のINGRAMATIC製ねじ転造盤で用意され ています。

Ingramatic, Winning Technologies, ダブル装填装置
Ingramatic, Winning Technologies, 固定ダイスホルダブロック

固定ダイスホルダブロック

固定ダイスホルダブロックの安定性は、製造したワー クピースの寸法公差への適合性を確保するために不可 欠です。

この重要なコンポーネントは、ツールのセットアップ に必要な調整を高い再現性をもって行う必要がありま す。
INGRAMATIC社では、中型マシンにダイスホルダブロックのダブル油圧ク ランプ装置(垂直および水平の両方)を採用しました。これにより、正確 なクランプ力が得られ、非常に簡単かつ実用的に使用できます。

ダイスホルダブロックは、以下の調整ができます。

  • 高さ調整:下部支持面のジブを使用。
  • 背面の支持面の距離および角度調整:オペレータ側にある4つの目盛付 き調整ねじを使用。

ダイスホルダブロック締め付けエリアのベースは、補強リブで強化されて おり、必要な剛性が保証されます。

Ingramatic, Winning Technologies, 固定ダイスホルダブロック
Ingramatic, Winning Technologies, 油圧ガイド付きスライド

油圧ガイド付きスライド

自動車セクターや産業全般において、ねじ切りの精 度およびコンポーネントの耐疲労性を向上させるため に、焼き入れや焼き戻しを行ってからねじ切りするね じやファスナの需要が高まっています。

このプロセスには高い応力が伴うため、特別に設計さ れた加工機械と特別なオプションを使用する必要があ ります。

INGRAMATIC社では、サイズ5以上のマシンには耐荷重が大きく、著しい ダンピングが可能な油圧ガイドシステムを採用しています。 加圧された潤滑油は、分配装置を経由して、ベースに固定されている特殊 なブロンズガイドへ送られます。 ガイドの油圧ポケットにより油の層が 形成され、作業負荷を均等に分配し、ワークピースがダイス間に挿入され たときに発生するあらゆる衝撃を吸収します。

高強力軽合金製のスライドの供給エリアと可動ダイスハウジングは硬化鋼 板製となっており、交換するコンポーネントの重量を低減して高速生産を 実現します。 ガイド潤滑油は冷却とフィルタ処理後、クローズ回路内を再循環します。 これにより、クーラントが汚染されることはなく、ランニングコストの面 で大きなメリットがあります。

Ingramatic, Winning Technologies, 油圧ガイド付きスライド
Ingramatic, Winning Technologies, パルスハンドル Electronic Handwheel, Ingramatic, threaded, control

パルスハンドル

ねじ転造盤の運転中は、装填ユニットの作動と適切な ねじ転造を常にチェックできると便利です。

オペレータは、使いやすく、最も安全な環境で作業で き、ツールや機械のあらゆる損傷の可能性を排除でき る装置を必要としています。

INGRAMATIC社は、さまざまな操作を簡単に実施できる電子式フライホイ ールをねじ転造盤に装備しました。

  • ブレーキ・クラッチユニットに不必要に負荷をかけることなく、非常に 低速でスライドのマニュアル移動ができます。
  • ワークピースを半回転させ、その後逆回転することにより、非常に簡単 に加工状況をチェックできます。
  • 制御された速度で装填の目視点検ができ、ワークピースが所定の位置に 達するまで小刻みな移動や、逆回転が可能です。
  • 減速してワークピースのねじ転造を行うことにより、連続生産を開始す る前に、運転サイクル全体を確認できます。
Ingramatic, Winning Technologies, パルスハンドル
Ingramatic, Winning Technologies, SC-MATIC, モータ駆動 Ingramatic, Winning Technologies, SC-MATIC, モータ駆動

SC-MATIC / モータ駆動

工業生産のバッチが減少していることを考慮すると、 装置を交換する回数は大幅に増えています。 それに より、オペレータはマシンの準備中にますます大量の データを極めて迅速に処理しなければなりません。

INGRAMATIC製品に装備されたタッチスクリーン制御パネルにより、マシ ンとその付属機器を簡単かつ直観的に制御できます。システムは、生産、 予防および定期メンテナンス、さらにねじ転造盤運転状況の継続的な診断 に関する情報を提供します。

SC-MATICシステムは、多数の製品コードを記憶できます。 このシステム にはデータ転送用のイーサネットポートと、オンラインカスタマサポート を有効にするためのモデムが装備されています。

SC-MATICソフトウェアは、SACMA社がWindows-CEオペレーティングシス テムを使用して、Siemens製プラットフォーム上で開発したものです。こ れにより、ねじ転造盤をよりシンプルかつ汎用的に使用できるようになり ます。

Ingramatic, Winning Technologies, SC-MATIC, モータ駆動
Ingramatic, Winning Technologies, SC-MATIC, 応力制御

応力制御

高品質な生産を実現するためには、最新式のねじ転造 盤において制御システムが果たす役割は非常に重要で す。
ねじ転造盤のツールや可動部分を保護するだけでな く、歪みと応力をモニタすることも、生産するワーク ピースの寸法適合性をチェックするための、効果的間 接的な方法です。
ねじ転造応力を制御するためにSACMA社で開発されたSC600装置は、すべ てのINGRAMATIC製品にも装備されています。
システムには応力センサを取り付けられるポイントが多数あり、マシン制 御パネルに組み込まれたディスプレイに結果が表示されます。制御システ ムは、絶対(事前キャリブレーションされたセンサ)または相対 (運転中 に自己キャリブレーション)のいずれかです。
お客様の要望に応じて、別の応力制御システムを取り付けるために各マシ ンを準備することも可能です。
検出した応力信号は、不良ワークピースの排出装置をアクティブにするた めにも使用できます。

Ingramatic, Winning Technologies, 応力制御
Ingramatic, Winning Technologies, ワークピース排出装置付き排出ガイド Ingramatic, Winning Technologies, ワークピース排出装置付き排出ガイド

ワークピース排出装置付き排出ガイド

より正確かつ無欠陥のワークピースに対する業界のニ ーズに応えるため、ワークピースを最終調整するため の機械が開発され、高品質のワークピースを生産し て、不良ワークピースを排除できる生産システムが提 供されています。

また、ワークピースが機械部品や、ワークピース同士 でぶつかることによる損傷を出来る限り減らすために は、正確な動作も重要です。
INGRAMATIC社は、ワークピース排出装置と組み合わせたねじ転造ワーク ピースの排出ガイド(特許取得)を考案・開発しました。

応力制御システムにより不良が検知された場合、排出フラップが作動し て、ねじ山に欠陥のあるワークピースが分離されます。

ツール出口では、合格したワークピースが排出ガイドへ運ばれます。ここ では、コンベヤスライドと容器内にあるすでに加工済みのワークピースと の衝撃が大幅に削減されるよう、減速されます。

Ingramatic, Winning Technologies, ワークピース排出装置付き排出ガイド
Ingramatic, Winning Technologies, 人間工学と安全性

人間工学と安全性

最新の工作機械は、オペレータの最適な作業環境を保 証し、オペレータの安全や環境保護に配慮した設計と なっていなければなりません。

ねじ転造盤の内部が、防音(騒音レベル80dB以下)と オペレータが可動部分と接触するのを防止するために 役立ちます。

INGRAMATIC社のねじ転造盤キャビンのソリューションは、以下をサポー トします。

  • オペレータ: 幅広い階段とプラットフォーム、回転サポートに取り付け られた優れた設計の制御パネル、アクセスしやすいハッチ、加工エリア の効率的な照明により。
  • メンテナンス作業者:機械部品やサービスシステムへアクセスするため の取外しが簡単なパネルにより。

機械ベースに固定されているプラットフォームには加工液も入っており、 漏出事故や作業環境への漏洩を防ぎます。

Ingramatic, Winning Technologies, 人間工学と安全性
Ingramatic, Winning Technologies, 座金組付け装置

座金組付け装置

あらかじめ座金を組み付けたねじの業界ニーズが高ま っているため、機械メーカーは特殊な自動組付け装置 を提供するようになりました。

この装置は、ねじ切り前のブランクに1個または2個の 座金を挿入し、ねじと座金を一体化します。

INGRAMATIC社では、マシンにコンパクトで非常にフレキシブルな1個ま たは2個の座金組付けユニットを組み込んでいます。

この装置は、ねじ転造盤の信頼性と生産性を損なうことなく、各種タイプ の座金(平、面取、テーパー、波、歯付き、割りなど)をさまざまな径や 長さのブランクと組み付けるのに使用できます。

SC-MATICソフトウェアにより、PLCで座金組付けユニットを制御でき、簡 単かつ直観的に操作できます。センサ制御システムが、ねじ転造盤に送ら れたすべてのねじに座金があることを確認し、座金がないものは循環ライ ンに戻します。

高速で生産する小ねじの場合は、遠心力の影響を抑えるためにねじヘッド にカム操作レバーが圧力をかける特殊なユニットが使用されます。

Ingramatic, Winning Technologies, 座金組付け装置
Ingramatic, Winning Technologies, 座金/ブランク組付け装置 Ingramatic, Winning Technologies, 座金/ブランク組付け装置

座金/ブランク組付け装置

自動生産システムの評価は、たとえばオペレータの介 入なしで運転できる時間の長さといった運転の自律性 で判断されます。

このようにして、システム収益性の前提条件となる、 高い生産効率を達成することができます。

INGRAMATIC社のねじ転造盤には、ポーターを装備できます。これは、各 供給バイブレータに座金やブランクを自動的に充填するための組付け装置 です。

ポーターは、振動式ホッパーと柱(固定)と受け皿(可動式)付きのリフ ト装置から成ります。 ホッパーが受け皿にワークピースを入れ、必要に 応じて受け皿が上昇してワークピースをバイブレータに傾けて入れます。

組付け装置は、マシンのPLCで制御されます。PLCは、 バイブレータ内の ワークピースレベルに応じて充填する許可を出し、ホッパー内にワークピ ースがない場合はオペレータに警告します。

Ingramatic, Winning Technologies, 座金/ブランク組付け装置
Ingramatic, Winning Technologies, タイプP ねじ転造盤

タイプP ねじ転造盤

平ダイス式ねじ転造盤でのスタッドボルトやヘッドレ ス部品のねじ転造は、品質や生産性の面からは非常に 有利です。
これを実現するためには、十分に試行された信頼性の 高い供給システムが必要です。
INGRAMATIC社では、サイズ1から7までの全製品レンジに対してPバージ ョンを用意しています。ねじ転造するワークピースは、チューブによりプ ッシャーの反対側に配置されます。 空圧分離装置が、加工エリア内のワ ークピースの正確な割合を確実なものとします。
正確に位置決めされたワークピースを供給するには、2つのソリューショ ンがあります。
1つの最適なソリューションは、ねじ転造盤を順送りヘッダーに接続する ことです。これは最後のステーションにあり、プレスされたワークピース が、接続チューブを介して直接ねじ転造盤に送られます。
2つめのソリューションは、ワークピース長さに応じてバイブレータまた はエレベータが使用される組付けシステムと、機械的なまたはデジタルカ メラを用いた選択システムです。

Ingramatic, Winning Technologies, タイプP ねじ転造盤
Ingramatic, Winning Technologies, ポインタ

ポインタ

ポインタ加工は、しばしばねじ転造と組み合わされま す。

複雑で、性能の低いプレス装置を使用するのではな く、ねじ転造前に切削加工することで簡単かつ低コス トでさまざまなタイプの先端が加工できます。
INGRAMATIC製ポインタスピンドルは、モータ駆動式スライドに取り付け られています。そのため、各種長さのブランクに対して、簡単に正確な場 所に配置できます。 セットアップ時間を迅速化するため、この位置を記 憶させることができます。

ブランクは最初に、2つのプッシャー(1つはブランクヘッドに、1つはア ンダーヘッドに作動)により、先端を切削する位置のグリッパ間に配置さ れます。
切削はクーラントと一緒に排出され、専用容器に回収されます。ここで 液体はフィルタ処理され、再循環されます。

お客様の要望に応じて、ねじ転造前にワークピースをポインタ加工するた めのポインタを機械単体として、またはねじ転造盤と組み合わせた作業ユ ニット(同じアッセンブルユニットを使用)としてご用意できます。

Ingramatic, Winning Technologies, ポインタ
Ingramatic, Winning Technologies, ねじ転造センター

ねじ転造センター

新たなマーケットに進出するためには、フレキシブル な生産が極めて重要になっているため、マシンをお客 様の要件や戦略に応じてカスタマイズする必要があり ます。

CAD 3Dワークステーションを用いた機械設計によ り、非常に迅速かつ高精度でカスタマイズソリューシ ョンを開発できるようになりました。
標準マシンをベースにして、INGRAMATIC社は最も複雑な要件にも対応で きるソリューションを提供します。

たとえば、1つのマシンに異なる供給システムを取り付けることで、ねじ とスタッドボルトの両方の生産が可能になります。

なかには、機械停止時間を短縮して、高速で運転するために、1つの製品 タイプ専用のマシンを希望するお客様もいます。このニーズに対応するた め、当社ではブランクの連続自動ローディングのソリューションを提供し ています。
最大限の信頼性と耐久性を保証するために、マシンの供給部品(HSSガイ ド、制御センサ、排出ガイド、コンベアなど) にも十分な注意が払われ ています。

Ingramatic, Winning Technologies, ねじ転造センター
Ingramatic, Winning Technologies, 機械設計

機械設計

ネジ転造業界の変化により、設計者や技術者は、利用 可能な最先端の技術を駆使してますます複雑な製品を 開発することが求められます。

新たな投資を計画している場合、特注品の生産が可能 な設備の設計・開発に精通している信頼できるパート ナーを頼れることが非常に重要です。

ねじ転造に関するINGRAMATIC社の蓄積された経験やお客様との緊密な協 力で実施する技術的ソリューションの調査により、INGRAMATIC社はこの 重大な局面で理想的なパートナーとなることができ、プロジェクト開発時 間の迅速化をサポートします。

当社のエンジニアチームは、非常に革新的なシミュレーションと設計ソフ トウェアを使用して、お客様と共同で最良製品の工業化ソリューションを 見つけます。

業界のリーディングカンパニーとの連携により、INGRAMATIC社は効率的 な「ターンキー」生産システムも提供できます。

Ingramatic, Winning Technologies, 機械設計